2013年06月16日

サントリー ミネラルウォーター

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)

(1)製品名
サントリーホールディングス株式会社のミネラルウォーターには、“サントリー天然水”“ヴィッテル”“コントレックス”“ペリエ”があります。

これらも全部、よく見かけたり耳にしたりする有名で人気のある製品ですね耳

(2)採水地
“サントリー天然水”には3種類あり、“サントリー南アルプスの天然水”の採水地は、製品名どおり、甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ)など雄大な山々が連なる南アルプスです。

“サントリー奥大山の天然水”の採水地は鳥取県の奥大山(おくだいせん)、山梨県・白州、熊本県・阿蘇に続く天然水第三の水源と呼ばれている“理想的な水の故郷”ですよ。

そして、“サントリー阿蘇の天然水”は、熊本県の嘉島町(かしままち)という“水の郷百選”に選ばれた豊富な湧き水で有名な場所です。

3つとも、天然水の水源としては最高の、自然に恵まれた環境が採水地なんですね手(チョキ)

“ヴィッテル”は、フランス北東部ロレーヌ地方の清浄な空気と緑が豊富なヴィッテル、“コントレックス”も同じくフランス・パリ東部ロレーヌ地方のヴォージュ山脈近くのコントレックスヴィル、“ペリエ”は、南フランスのヴェルジェーズという広大な土地が採水地になっています。

これらフランスのミネラルウォーターの水源地は、“環境保護地域”として大切に守られていることが共通です。

g-01[1].jpg


(3)製造・パッキング方法
“サントリー天然水”シリーズは、原水をキメ細かいフィルターでろ過し、高温で瞬間的に殺菌した後、特殊な無菌環境下でボトリングされているという、徹底した品質管理で、安全に製造されていますよ。

フランス産の“ヴィッテル”“コントレックス”“ペリエ”の3つは、優れた品質と安全性を保つため、採水地を厳しく管理・保護し、その現地の工場で、そのまま厳格にボトリングされています。

いずれも高品質のミネラルウォーターが製造されている訳ですね手(グー)

(4)含まれている成分
“サントリー天然水”シリーズは、日本の山々が水源ですので、硬度20〜80の軟水4大ミネラルがほどよく含まれています。

“ヴィッテル”は、硬度315の硬水で、カルシウムとミネラルが特に多いことが特徴、“コントレックス”は、硬度1468の超硬水、“ヴィッテル”以上にミネラル成分が豊富です。

そして、“ペリエ”は、硬度415と同じく硬水、“スパークリング・ナチュラルミネラルウォーター”、いわゆる“天然炭酸水”になっていますよ。

(5)味の特徴
それぞれ主な特徴を挙げると、“サントリー天然水”は、軟水特有の、口当たりがよく、さわやかで、スッキリと飲みやすい、“ヴィッテル”は超硬水という訳でもないですので、硬水の割にはクセがなく、スポーツ選手が水分補給する時に適したスッと飲める味です。

“コントレックス”は、かなりの硬水ですので、ゆっくりと噛むように飲んで、豊富なミネラルを味わうように飲むのがポイント、“ペリエ”は、濃密で刺激的な泡が独特で、すがすがしい爽快感が特徴ですわーい(嬉しい顔)

特に、フランス産の3つは、日本人には不慣れな硬水ですので、まずは、“味”よりも“成分”や“用途・目的”で選んでみましょう。

(6)容量と価格
“サントリー天然水”シリーズは、販売数も購入者も多くて、店頭でも通販でも、格安で売られていて、550mlは100円切る、2ℓでも100円前後になっています。

“ヴィッテル”は、500ml/115円、“コントレックス”500ml/195円、“ペリエ”750ml/350円という感じです。

どれも当たりはずれのない、安心して飲めるものですので、飲んだことのない人は、ぜひ試してみてくださいexclamation

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)




posted by ウォーターサーバー口コミミユキ at 10:11| Comment(0) | ミネラルウォーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

キリンビバレッジ ミネラルウォーター

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)

(1)製品名
キリン株式会社やキリンビール株式会社などグループが多数ある“キリン”ですが、キリンビバレッジ株式会社は、清涼飲料を取り扱っていて、ミネラルウォーターは2種類“キリン アルカリイオンの水”“ボルヴィック”があります。

どちらもよく見かける、知名度の高い製品ですよねグッド(上向き矢印)

(2)採水地
“キリン アルカリイオンの水”の採水地は、富士山です。

何層にも重なった地層からなる富士山に、年間何十億トンにもなる豊富な雨水や雪どけ水がたっぷり貯えられ、約50年かけて、じっくりゆっくり磨かれ、“キリン アルカリイオンの水”の原水になっているんですね。

429403_3L2[1].jpg


“ボルヴィック”は、フランス中部オーヴェルニュ地方の、かつての火山活動でできた湖や渓谷(火山自然公園)が広がる緑濃い美しい村です。

環境保護と水質管理の為、採水場は柵で囲んで厳重に管理されていて、一般の人は入ることができないような場所ですよ。

(3)製造・パッキング方法
“アルカリイオンの水”は、そのままでもミネラルたっぷりで十分おいしい富士山の天然水を、さらに、アルカリイオン整水器で電気分解し、キリングループがこだわって作成したペットボトルに、同グループの徹底した品質管理のもと、パッキングされています。

“ボルヴィック”は、地下90メートルから汲み上げられた水を、特別設計のパイプを通して工場へ送り、即座に充填されるという外気に触れることなくボトリングされる仕組みです。

その為、細菌汚染から完全にシャットアウトされていますので、自然そのままのおいしさを保っている訳ですね手(チョキ)

(4)含まれている成分
“アルカリイオンの水”は、4大ミネラルは勿論ですが、その名のとおり、pH値 8.8〜9.4のアルカリ性になっていることが最大の特徴です。

“ボルヴィック”は、4大ミネラルがバランスよく含まれていて、ヨーロッパの水では珍しい硬度60の軟水になっています。

(5)味の特徴
どちらの製品も、軟水ですので、口あたりがまろやかでスッと飲める、日本人が飲み慣れている優しい味わいですね。

“ボルヴィック”には、“ボルヴィック クリアピーチ”があり、 ほのかなピーチの甘みと香りがしますよわーい(嬉しい顔)

(6)容量と価格
“アルカリイオンの水”は、500ml/130円、2ℓ/230円、“ボルヴィック”は4サイズあり、最小の330ml/96円〜最大の1.5ℓ/208円となっていて、通販などでまとめて買うと、もっとお手頃になります。

クリアピーチ味は、500ml/120円です。

いずれもミネラルウォーターの中では代表格、売れ行きも良い製品ですので、ぜひ飲んでみてください手(グー)

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)


posted by ウォーターサーバー口コミミユキ at 10:17| Comment(0) | ミネラルウォーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

大塚食品 ミネラルウォーター

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)

(1)製品名
大塚食品株式会社が扱っているミネラルウォーターは、全て“外国の天然水”ですが、“クリスタルガイザー”“クリスタルガイザー スパークリング”“クールマイヨール”“クリスタリン”“ヴィシーセレスタン”“シャテルドン”など、ミネラルウォーターの中でも名高い、人気のあるものばかりですわーい(嬉しい顔)

(2)採水地
“クリスタルガイザー”は、アメリカ・カリフォルニア州北部にあるマウントシャスタの麓の湧き水、“クールマイヨール”は、イタリアのモンブラン山麓の標高1224mにあるクールマイヨールで製品名は採水地そのままですね。

そして、“クリスタリン”は、フランス北部のメリニーという保護された水源地、“ヴィシーセレスタン”は、フランス中部にあるヴィシーという温泉地、“シャテルドン”は、フランス中部の緑あふれるオーヴェルニュ地方シャテルドンで、年間約100万ℓの限られた採水量です。

やはり、全て自然豊かなきれいな環境が採水地になっていて、どれも現地(採水地)の特長を生かしたミネラルウォーターになっています。

02357da9[1].jpg


(3)製造・パッキング方法
いずれもヨーロッパ特有の火山系の地層をゆっくり時間をかけて湧き水が通る過程で、まさに“自然に”ろ過され、それを採水地で直接ボトリングするという方法ですので、そのままの美味しさで、ミネラル豊富ですよ手(パー)

(4)含まれている成分
“クリスタルガイザー”は、パナジウムが豊富に含まれていて、硬度38の軟水、“クリスタルガイザー スパークリング”は、ナトリウム入り、炭酸水ですが、無糖です。

“クールマイヨール”は、日本の一般的なミネラルウォーターと比べて、カルシウムが約50倍、マグネシウムも多め、珍しい成分サルフェートが含まれていることが特長ですね。

“クリスタリン”は、4大ミネラルがバランスよく含まれ、現地・フランスでは最も売れているNO1のミネラルウォーターと信頼度・人気度は高いです。

“ヴィシーセレスタン”は、天然炭酸水になっていて、1本(500ml)に1500rもの重炭酸塩が含まれています。

重炭酸塩は、日本の温泉では“美人の湯”によく含まれていて、うるおいをもたらしてくれる成分ですよね手(チョキ)

そして、“シャテルドン”は、硬度1158の超硬水で、カルシウムとマグネシウムが豊富、天然微炭酸、とても貴重ですので“プレミアムスパークリングミネラルウォーター”が別名ですよ。

それぞれ含まれている成分が異なりますので、自分の好みに合わせて飲むようにしましょう。

(5)味の特徴
特に味の特徴を挙げるべき製品は2つあり、“ヴィシーセレスタン”は、火山の地層を通過する間に天然の炭酸ガスを含みますので、シュワシュワとほどよい炭酸が新鮮な味です。

“シャテルドン”は、超硬水ですが、そうとは分からないほど柔らかい口当たりと、微炭酸の清涼感バランスが独特で、フランスでも一流レストランや高級ホテルでしか飲むことのできない超高級感あふれる味に仕上がっているんですね手(グー)

(6)容量と価格
“クリスタルガイザー”は、1ℓサイズでも150円、それ以下の500mlなどは100円と、とてもお手頃価格です。

他のものも“クリスタルガイザー スパークリング”500ml/136円、“クールマイヨール”1.5ℓ/341円、“ヴィシーセレスタン500ml/210円”のように、珍しい外国の炭酸水ですが、特別高い訳でもありません。

ヨーロッパの硬水が飲みたい、外国の天然炭酸水でお酒などを割りたい、などという時は、種類も豊富な大塚食品のものを試してみてくださいグッド(上向き矢印)

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)


posted by ウォーターサーバー口コミミユキ at 11:07| Comment(0) | ミネラルウォーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。