KVKの浄水器

2013年06月09日

KVKの浄水器

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)

(1)企業の概要
株式会社KVKは、水栓金具や配管部品などを取り扱う会社で、“安全な水”や“浄水器”と言うよりも、“蛇口・水道やそのパーツ”が主要です。

よって、浄水技術やカートリッジ構造よりも、水栓自体にこだわり・重点を置く人に、おすすめですよ。

(2)浄水器の型(タイプ)
ビルトイン型6タイプ、浄水器内蔵型が2タイプです。

つまり、水栓が8タイプあるわけですが、それぞれ、レバーや取っ手など使いやすいように色々工夫されている訳ですね。

7-4[1].jpg


勿論、“浄水”の方も問題なしで、3段階フィルターでしっかり不純物をろ過してくれます。

8つの中でおすすめは、価格は真ん中くらいの、ビルトイン型“シングルレバー式混合栓”で、すっきりとしたコンパクト本体と、大き目の使いやすいリング状ハンドルがポイントですよ手(パー)

(3)本体価格
3万4千円代から12万5千円代と幅広いです。

浄水器内蔵型は2つとも5万6千円と、割とお手頃になっています。

(4)カートリッジの寿命(交換目安時期)
ビルトイン型が約12ヶ月、浄水器内蔵型が約4ヶ月、一般的な寿命ですね。

どちらの型も自分で簡単に交換できる、特に、浄水器内蔵型は栓を開けて交換するだけの分かりやすいやり方になっていますわーい(嬉しい顔)

(5)カートリッジ価格
ビルトイン型が4千円代から1万7千円代、浄水器内蔵型が4千円前後です。

ビルトイン型1万円以上はちょっと高く感じられますが、年に1回ですので、それほどでもないですね。

(6)除去物質項目、数
ビルトイン型は家庭用品品質表示法の除去対象物質13全て、浄水器内蔵型は同じく3重ろ過層ではありますが、遊離残留塩素、濁り、溶解性鉛や農薬などの5物質除去になります。

“型”の種類は少ないですが、水栓のデザインや形状、レバーの使いやすさなどから選びたい方は、ぜひ検討してみてくださいパンチ

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)




posted by ウォーターサーバー口コミミユキ at 08:19| Comment(0) | 浄水器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。