Coway(コーウェイ)の浄水器

2013年06月08日

Coway(コーウェイ)の浄水器

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)

(1)企業の概要
コーウェイ株式会社は、本社は韓国にある生活環境家電メーカーで、日本などアジアを中心に世界中に展開しています。

浄水器や食器洗浄機などの輸出入・製造が主な事業ですが、特に近年は、“安心”“安全”なお水にこだわるようになってきているようですね。

(2)浄水器の型(タイプ)
据置き型が8タイプ、全て今話題の逆浸透膜フィルター使用です。

水道水を浄水して本体内蔵のタンクに貯めて使うタイプですので、いずれもそのデザインは、一見ウォーターサーバー機器のようで、おしゃれで、上品、どのようなキッチンにもよく合うようになっていますわーい(嬉しい顔)

neos_09[1].jpg


機能の面も、それぞれに使いやすくこだわった特長があり、スマホのようにタッチパネル式の操作方法だったり、冷水も温水も両方使えるタイプだったりと様々ですよ。

浄水した水を蛇口からそのまま使うことはできませんので、注意してくださいね。

(3)本体価格
キッチンの空きスペースでもどこでも置ける超スリムサイズの5万円代から、ウォーターサーバーで言う“床置きタイプ”の長身サイズ20万円代と、ピンキリです。

基本、大きさ、サイズに比例するようですね。

据置き型と言っても、一般的な浄水器と違い、本体に一旦貯められて冷水や温水が使えるタイプ、ちょっとこだわっていますので、値段もそれなりにしますね手(パー)

(4)カートリッジの寿命(交換目安時期)
浄水器のタイプによって使われているフィルターが異なり、だいたい2段階から4段階(2種類から4種類)のフィルターが使われていて、種類により6ヶ月から1年が目安になっています。

だいたい標準的な寿命です。

(5)カートリッジ価格
これも種類により様々ですが、だいたい3千円から1万2千円前後、セットになっているものもあり、それは若干割安ですよ。

(6)除去物質項目、数
段階を追って、微小浮遊物質、サビ、残留塩素、農薬など除去→細菌、ウイルス、重金属類など除去→水の臭いを除去して、まろやかにする、というのが基本的な除去の流れです。

最低12〜13物質は除去できるということです。

一旦タンクに貯めて使うタイプですので“料理用”にはちょっと不便ですが、“飲用”には適していますので、ウォーターサーバー感覚で使いたい人にはおすすめの浄水器ですよグッド(上向き矢印)

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)



posted by ウォーターサーバー口コミミユキ at 11:11| Comment(0) | 浄水器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。