Seychelle(セイシェル)の浄水器

2013年06月02日

Seychelle(セイシェル)の浄水器

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)

(1)企業の概要
Seychelle(セイシェル)社は、アメリカが本社の先端技術を用いて浄水システムを設計・製造・供給している会社で、水質ろ過産業のパイオニアです。

その技術と製品は世界中で使われていて、“家庭用浄水”というよりも、軍隊、サバイバル、病院や災害など「どうしても浄水技術が必要だ」という場面で重宝されていますよ手(グー)

(2)浄水器の型(タイプ)
携帯型1タイプとポット型1タイプです。

携帯型は、“セイシェル サバイバルプラス携帯用浄水ボトル”という名のとおり、水道水は勿論、雨水や河・湖水なども浄水できるキャンプや避難用として持って回れる軽いボトルになっています。

0078[1].jpg


ポット型は、形は一般的ないわゆる“ポット形状”ですが、大容量タイプになっていて、大家族や、オフィスなどの業務用、パーティーや野外のレクリエーションなど、どちらかと言うと“大人数向け”ですね。

東レには“携帯型”はありませんので、緊急用の防犯グッズなどとして探している方には良いですが、飲用、料理用や赤ちゃんのミルク用など“家庭用”重視の方は、やはり東レの中から最適なもの選んだ方が良いですよ手(パー)

(3)本体価格
携帯型は7,350円、ポット型は20,790円です。

携帯型は、妥当かと思いますが、ポット型は、ろ過容量は他メーカーの約2倍、浄水能力は3倍以上になっている分、高くなっているんですねダッシュ(走り出すさま)

ポット型の割りに値段が高めですので、大容量にメリットを感じる場合を除き、ちょっともったいない、東レのポット型浄水器で十分かと思います。

(4)カートリッジの寿命(交換目安時期)
携帯型は約1年、ポット型は約1年半、しっかり使える長寿命です。

(5)カートリッジ価格
携帯型が3,990 円、ポット型が9,345 円ですが、交換頻度が年1回程度と少ないですので、特別高い訳でもないですよね。

(6)除去物質項目、数
セイシェル社独自で開発した“イオン吸着マイクロフィルター”という除去技術により、99.99%以上不純物を除去でき、数で言うと100近くの有害物質や微生物を取り除くことができます。

また、原発事故以来、話題になっている放射性セシウム134・137の除去率は99.7%以上で、基準値以下にすることもできるんですね手(チョキ)

以上のように、浄水能力が優れてる点は魅力的ですが、日常的に使う家庭用向きとはちょっと違いますので、型の種類、選択の幅やデザイン、使いやすさなどから東レの浄水器が一番おすすめですわーい(嬉しい顔)

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)




posted by ウォーターサーバー口コミミユキ at 10:07| Comment(0) | 浄水器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。