パナソニックの浄水器

2013年05月26日

パナソニックの浄水器

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)

(1)企業の概要
あの有名なパナソニック株式会社ですので、様々ありますが、やはり“メーカー名にこだわりたい”“大手の製品が安心だ”という方には、おすすめですね。

特に蛇口直結型浄水器は、カートリッジの寿命が長く、その分ランニングコストがかからない、ということがパナソニック製品の特長ですよ黒ハート

(2)浄水器の型(タイプ)
ポット型が5タイプ、蛇口直結型が3タイプ、そして、アンダーシンク型が1タイプあります。

東レと比べると、種類は断然少なくなりますねダッシュ(走り出すさま)

ポット型浄水器の中で、おすすめは、冷蔵庫の中で“横置き”もできるTK-CP12かTK-CP40 で、蛇口直結型では、カートリッジ交換時期を表示してくれる液晶付きのTK-CJ21 が、やはり便利で良いです。

681289[1].jpg


(3)本体価格
ポット型は、2,089円〜2,804円と5タイプ全て二千円台、やはり、除去対象物質が多い物や、容量・サイズが大きい物ほど価格は上がっています。

しかし、いずれも二千円台、蛇口取り付けやアンダーシンクタイプは本格的過ぎるかなという初心者の方でも、この価格のポット型なら、気軽に購入しやすいですよねわーい(嬉しい顔)

蛇口直結型は、3タイプありますが、それぞれ3,550円、4,980円(因みに、この両者の違いはカートリッジの種類と寿命)、そして、液晶付きが7,180円とちょっと上がってしまいます。

そして、アンダーシンク型は、83,980円になっています。

全体的に値段で比較すると、東レの方が安いですよ。

(4)カートリッジの寿命(交換目安時期)
浄水器は購入時に本体費用を払えば終わりではなく、その後は、決まりにそってカートリッジを交換しなければなりません。

その手間や、その度にカートリッジ費用がかかることも頭に入れておきましょう。

ポット型5つ共全て、約4ヶ月です。

蛇口直結型は、約1年ですが、四千円台のタイプは、約6ヶ月になっています。

そして、アンダーシンク型は、約1年、全体的に長いですねグッド(上向き矢印)

(5)カートリッジ価格
意外と見落としがちですが、カートリッジ価格もとても重要です。

浄水器本体は安く買えたけど、カートリッジの交換が頻繁で価格も高い、となると、結局高額になる、ということもあり得ますからねもうやだ〜(悲しい顔)

ポット型は5種ありますが、2,100円〜3,890円になっていて、高性能、除去対象物質数が多い物が一番高くなります。

蛇口直結型は、四千円台〜五千円台、一見高く感じますが、寿命が約半年〜1年と長いですので、実際はそんなに費用はかからないですよ。

アンダーシンク型は、10,960円カートリッジの費用も若干東レの方が安い感じですね。

(6)除去物質項目、数
パナソニックの浄水器には、3つの型、計9タイプがありますが、全て、カビ臭、総トリハロメタン、遊離残留塩素などの主要な悪物質は取り除いてくれますので、安心ですよ手(パー)

特にポット型のものは、13〜15物質除去となっていて、その浄水力は抜群です。

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)




posted by ウォーターサーバー口コミミユキ at 09:08| Comment(0) | 浄水器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。