水道水の放射能

2013年05月20日

水道水の放射能

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)

3.11の東日本大震災以後の原発事故の影響により、その年の、4月下旬ごろまでは、都内でも、水道水から放射性セシウムや放射性ヨウ素などが検出されていました。

放射性セシウムは、セシウム134セシウム137、ヨウ素はヨウ素131のことで、全て単位は“ベクレル”で表されます。

それぞれに規制値があり、セシウム134、137は、200ベクレル/kg以上、ヨウ素131は、300ベクレル/kg以上、成人が年間でこれ以上摂ると危ない、という訳ですダッシュ(走り出すさま)

因みに、乳児の場合は、100ベクレル/kg以上で、この場合、幼児や児童は“成人”と考えて大丈夫ですよ。

01103230325[1].jpg


現在、都内ではセシウムなどの放射能は検出されていないですので、心配いりませんが、東北地方、特に福島第一原発の周辺では、未だに安心はできません。

度々、貯水槽の汚染水が漏れ出した、などとニュースで耳にするからです耳

こういう情報を耳にしながら、水道水を直接飲んでいる人はいないでしょうが、もし、飲み続けた場合、発ガンのリスクが高まるなどと言われていますね。

水道水中の放射性物質検査は、文部科学省や地方公共団体によって、毎日行われ、その結果は、厚生労働省のホームページや各都市の公式ホームページに掲載されます。

水道水中の物質というのは、毎日、微妙に違いますので、日々チェックしてください。

空気中の放射線物質が雨水に混じり、水道水となる為、特に、雨が降った翌日などは、放射能の値が高くなる傾向にありますので、意識して見てみましょうexclamation

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)




posted by ウォーターサーバー口コミミユキ at 07:09| Comment(0) | 水道水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。