水道水の汲み置き

2013年04月26日

水道水の汲み置き

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)

最近、災害に備え、各家庭で水道水を汲み置きすることが奨励されていますよね。

急な災害など緊急時に、水道が使えなくなった際でも汲み置きがあれば安心ですが、きちんと汲んで置いておかないと、いざという時に役に立ちませんがく〜(落胆した顔)

汲み置きの方法や保存期間を知っておきましょう。

(1)汲み置きの方法
清潔でふたのできる容器(ペットボトル、水筒やポリタンクなど)に、空気と触れなさせない為、口元までいっぱいに入れることがコツです。

その時、蛇口から出る水道水を直接入れることですね。

浄水器を通した水は、塩素除去していますので、保存には向いていません。

つまり、そのような水を汲んで取っておくと、すぐに腐るということですダッシュ(走り出すさま)

同じ理由から、水道水を沸騰させたものもNGですね。

また、全て同じ容器にするのではなく、ポリタンクやペットボトルなど数種類に分けて汲み置きしておくと、非常時に使いやすいですよ。

そして、もし汲み置きした水を飲むことがあれば、雑菌が入るのを防ぐ為、直接口をつけて飲むのではなく、コップなどについでから飲みましょう。

まとめますと、ポイントは、なるべく空気に触れさせない雑菌を入れない、そして多少塩素の残っている水道水そのままを汲むことです手(パー)

botoru[1].jpg


(2)汲み置く量
それは量があればあるほど、いざというときは便利で安心ですが、避難時のことや、入れ替えのことを考えると、多すぎてもムダになることがあるんですよね。

成人が1日に必要とする飲用水の量は、2ℓから2.5ℓと言われていますので、この量に若干プラスした1人1日3ℓを汲み置きの目安にすると良いです。

乳幼児の場合は、1人1日1ℓ程度と考えましょう。

(3)保存期間の目安
直射日光を避けて涼しい場所に保管すれば3日程度冷蔵庫に保管すれば10日程度もちます。

そのくらいなら水道水中に含まれている消毒用の塩素の効果が持続するということです。

いつ汲み置きしたかが分かるように、汲んだ時に、日付をメモして貼っておいてくださいペン

直接飲用として使うなら7日が目安ですが、保存期間が過ぎても、沸かして飲めば問題ありません。

面倒だからといって、汲み置きした水道水をそのまま置いておくと腐ってしまうだけですので、保存期間が過ぎたなと思ったら、きちんと入れ替えしてくださいね。

入れ替えの際は、捨てるのはもったいないですので、沸騰させる他に、掃除、洗濯や雑用水などに使いましょう手(グー)

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)




posted by ウォーターサーバー口コミミユキ at 13:30| Comment(0) | 水道水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。