ポット型浄水器

2013年04月18日

ポット型浄水器

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)

様々なタイプの浄水器がある中で、最も気軽で手軽に使うことのできるものは、“ポット型浄水器”です。

これは、蛇口取り付け型などと違い、冷蔵庫のドアポケットや野菜室にも入り、片手で持ち運びができる軽くて小さいものになります。

mono56794_pho01[1].jpg


仕組みは、ポットの上部に、フィルターのついた水受けがついていて、ここに注がれた水道水は、その下部にセットされた浄水カートリッジを通って下に落ちていく、というシンプルですが、ちゃんと“浄水”は保証されているんですねわーい(嬉しい顔)

高額な浄水器ではないので、ちょっと使ってみようかなという浄水器初心者の方におすすめですよ。

これにも様々な会社の物がありますので、いくつか紹介します。

●ポット型浄水器 クリンスイ アルカリポット CP006-BL
発売元は、三菱レイヨン・クリンスイ、浄水部の容量は1ℓ、価格は3100円くらいです。

除去対象物は、純トリハロメタンやカビ臭など、家庭用品品質表示法に定められた13の物質と、鉄やアルミニウムなど浄水器協会で定められた2つの物質になります。

また、水道水のミネラルはそのまま残して、弱アルカリ性の水にしてくれるんですね。

カートリッジの交換目安は3ヶ月ですので、忘れずに交換してください手(パー)

●東レ ポット型浄水器 トレビーノ
浄水部容量1,2ℓ、1800円くらいと割安です。

除去成分は、遊離残留塩素、総トリハロメタン、カビ臭、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレンや残留農薬などになります。

今懸念されているトリハロメタンもちゃんと除去してくれますねグッド(上向き矢印)

カートリッジ交換は約2ヶ月になっています。

● BRITA(ブリタ)シリーズ
ポット型浄水器NO1のメーカーと言われているブリタの製品です。

容量やデザイン別に8タイプ価格も3千円台から6千円台とあり、自分の要望や好みに合わせて選ぶことができるんですね。

いずれにしろカートリッジの性能が良く、除去物質は12、安心で美味しい水が飲めると評判です手(チョキ)

設置型の高額な浄水器と違い、細かい比較・検討などあまり悩まずに購入することのできる“ポット型浄水器”ですので、ぜひ、使ってみてくださいねexclamation

私がオススメの安心で美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)




posted by ウォーターサーバー口コミミユキ at 11:38| Comment(0) | 浄水器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。