水道水の硬度

2013年04月10日

水道水の硬度

私がオススメの安心&美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)

硬度とは、水にミネラル成分(マグネシウムやカルシウム)がどのくらい含まれているかを表す指標のことで、市販のペットボトル入りのお水に“硬度○○mg/ℓ”と表示されているのをよく見かけますよね。

(1)硬水・中硬水・軟水について
硬度が高い水を硬水と言い、逆に、硬度が低い水を軟水、その中間を中硬水と言います。

●硬水
・硬度:300mg/ℓ以上

・コクがあり、クセのある味

・日本人の口には合わないと言われる

ヨーロッパの水に多い(石灰質の河川を、長い期間かけて流れてくるから)

・肉の臭みを抑え、煮崩れを防いでくれるので、ビーフシチューやスープなど洋風料理に適しているレストラン

スポーツ後のミネラル補給や、妊婦さんのカルシウム補給に効果的

●中硬水
・硬度:100〜300mg/ℓ

・ミネラルが適度に含まれ、硬水より飲みやすい

パスタを茹でたり、ダシ取り、お茶やコーヒーを入れたりするのに適している

しゃぶしゃぶや鍋物にも良いいい気分(温泉)

●軟水
・硬度:1〜100mg/ℓ

・あっさりとして、クセがない

日本のほとんどの水が軟水(河川の長さが短く、途中でミネラルなど何も含まない為)

昆布やかつおのダシ取りなど、和風料理に最適手(チョキ)

日本茶や紅茶を入れると、風味が増し、粉ミルクにも良く合う

お米を炊くと、柔らかく炊き上がる

以上のように、硬度の違いによって、それぞれ特徴が出てくる訳です。

欧米の水は硬水、日本の水は軟水ですので、それぞれの水に合う料理が発達している点は、面白いですねグッド(上向き矢印)

kn_04_02[1].gif


(2)日本の水道水の硬度
水道水の硬度は、水源の影響を大きく受けますので、同じ日本国内でも、水源(地域・区域)が違えば、硬度も違ってきますが、全体的に、軟水(沖縄県は硬水が多いが、他の地域はほぼ軟水か中軟水)だと言われています。

おいしさの面から、日本では硬度の目標値10〜100mg/ℓを設定していますので、各地域で数値が違っても、だいたい10mg/ℓ後半から60mg/ℓ後半という訳です。

自分が住んでいる地域の硬度を知るには、各地の水道局のホームページを見てください目

因みに、日本の水道水は、“超軟水”という訳ではありませんから、もし、水道水をそのまま調理に使うのが気になるなら、やはり、浄水器や市販のミネラルウォーターを使うようにしてくださいね手(パー)

私がオススメの安心&美味しいお水はこちらぴかぴか(新しい)




posted by ウォーターサーバー口コミミユキ at 13:15| Comment(0) | 水道水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。